2017年2月16日木曜日

自習室Myすてっぷ
2月18日(土)、19日(日)午前のみ開催あります!




 すてっぷでは、就職活動や資格取得の勉強のために、空室の開放を行なっています。
自習室Myすてっぷは、「情報ライブラリーカード」をお持ちの方が使える無料の自習室です。
原則として、土日祝日の10時~17時のうち、空室がある場合のみの開催となります。
ロビーは2時間以内を目安にご利用いただいていますが、自習室は開催時間中であれば、自由にお使いいただけます。


【開催日時】 

2月18日(土)10:00~17:00
2月19日(日)10:00~12:00(午後は満室のため開催ありません)

 【ご利用方法】
・無料です。
・開催時間15分前より受付けます(終了時間の30分前まで受付)
・受付カウンターで「情報ライブラリーカード」をご提示のうえ、受付表にご記入ください。
・情報ライブラリーカードは、すてっぷ情報ライブラリー(図書室)にて無料で作ることができます。ご本人確認のできる書類(免許証・保険証など)をご持参のうえ、情報ライブラリー開室中にお手続きください。

【お願い】
・自習室内ではお静かにお願いします。
・食事はご遠慮ください。
・ゴミはお持ち帰りください。

自習室では、『すてっぷ』でのイベント案内チラシや各種リーフレットなどの配布、ジェンダー問題や生き方に関する本のご紹介などもしています。
すてっぷの講座・イベントについての詳細は  コチラ や、館内チラシなどをご覧ください。

 K.M

2017年2月13日月曜日

今の若者たちは…と思う前に知ってほしい!
地域に理解者を増やしたい!

今年度のすてっぷフェスタ講演会は
「若者の仕事と居場所づくりを支えるために」をテーマにしました。

すてっぷではこれまで「若年女性支援」「自習室Myすてっぷ」など
若年層支援に取り組んできました。

わたし自身は40代ですが、20代の友人と話していて心配になること、大変だな、と思うことはたくさんあります。
たとえば派遣や契約社員で働いている人がとても多いこと。
本当は正社員になりたいけど、最初に働いた会社が長時間サービス残業で、とても正社員にはなれないと思った、と言います。今は、ちゃんと時間内で仕事が終わるので自分の時間が取れるそうです。たとえ5年後に契約満了となっても、です。

今回のすてっぷフェスタは「地域に若者支援者を増やしたい」がサブテーマです。
今の若い世代がなぜあんなに大変そうなのか?
まずはたくさんの方に、身近に若い世代がいないという方にも知ってもらいたいのです。

講師は、追手門学院大学教授の前比呂子さんと、
甲南大准教授の阿部真大さんにお願いしました。

前比呂子さんは学校教育の現場から、貧困について取り組んでこられています。最近では内閣府の事業で「増える貧困女子~若年女性を取り巻く性暴力と貧困の現状~」セミナーでのパネリストとして登壇されています。

阿部真大さんは、若者をテーマに複数の著作を書かれている社会学者です。
最近では、NHKのクローズアップ現代「“消費される”若者たち ~格差社会の新たな現実~」にコメンテーターとしてご出演されていました。
番組内容のダイジェストを公式サイトで見ることができますが、学費のために個人請負で働く男子大学生たちの事例が取り上げられています。
個人請負、と言われてもピンとこない方も多いと思いますが、個人事業主として仕事を請け負う形なので労働基準法でも守られずに過酷な働き方を強いられてしまう例があります。阿部さんは番組の中で「やりがい搾取」という言葉でその心理を説明されています。

専門家のお二人のクロストークを通じて、今の若者たちの現実を知っていただきたいと思っています。
すてっぷフェスタ講演会は、2017年3月4日(土)14:00~16:30、参加無料でただいま受付中です。
くわしくはこちらもご覧ください。
ご参加をお待ちしています。

S.F

2017年2月9日木曜日

犠牲の累進性って?

先日、情報ライブラリーに入荷して来た本からのご紹介です。

雨宮処凛著『生きづらい世を生き抜く作法』あけび書房 2016年刊


ビッグ・イシューに2006年から2015年まで連載されていた
「世界の当事者になる」から厳選した98篇のエッセイをまとめた1冊で、時事問題から個人的なことまで、深い洞察に基づいて鮮やかに描き出されている良著です。

そのエッセイの1つに、「“犠牲の累進性“という言葉を流行らせたい」という言葉が載っているのですが、
「犠牲の累進性」とは、例えばブラック企業などに勤めている人が、パワハラ上司などから、「B社に比べたら全然マシだ!」(→「我慢しろ」→「黙れ!」)と言うロジックで、より酷い状況を比較提示することで、個人の問題をもみ消されてしまうようなやり口のことを言います。

これにひどく感銘を受けた私は、
「雨宮さんに倣ってこの言葉を流行らせるぞ!」
とその日のうちに某F社のSNSにそのことを投稿しました。
すると、東北で被災者支援の活動をしている友人K
すぐさま反応してくださり、
「被災地ではこの“犠牲の累進性”の内面化とでも言える
状況が起きています。」と言うではありませんか…。

この場合、「犠牲の累進性の内面化」とは、
「私はいま辛いけれど、Bさんに比べたらまだマシなんだから、
我慢しなければいけない。」と言うロジックで、
自分で自分の辛い気持ちに「黙れ」と言ってしまうこと
を指すのでしょう。
これなどは正に日ごろ多くの人が無意識にやって
しまっていることで、“犠牲の累進性”、なんと業の深い病
なのかと改めて深く考えさせられました。

「誰かの苦しみは、他の誰かと比較して相対化できるような
ものではなく、このような発想が日本人の生きづらさや
ブラック企業の蔓延を助長している。
今、苦しいと思ったら、迷わず声をあげよう!」
雨宮さんからそう背中を押してもらえた気がします。

このコラムに心で「イイネ!」を押された方、
明日から私と一緒に‟犠牲の累進性“を流行らせませんか?
AE

2017年2月6日月曜日

自習室Myすてっぷ
2月11日(土)、12日(日)開催します!




 すてっぷでは、就職活動や資格取得の勉強のために、空室の開放を行なっています。
自習室Myすてっぷは、「情報ライブラリーカード」をお持ちの方が使える無料の自習室です。
原則として、土日祝日の10時~17時のうち、空室がある場合のみの開催となります。
ロビーは2時間以内を目安にご利用いただいていますが、自習室は開催時間中であれば、自由にお使いいただけます。


【開催日時】 


2月11日(土)10:00~17:00
2月12日(日)10:00~17:00

 【ご利用方法】
・無料です。
・開催時間15分前より受付けます(終了時間の30分前まで受付)
・受付カウンターで「情報ライブラリーカード」をご提示のうえ、受付表にご記入ください。
・情報ライブラリーカードは、すてっぷ情報ライブラリー(図書室)にて無料で作ることができます。ご本人確認のできる書類(免許証・保険証など)をご持参のうえ、情報ライブラリー開室中にお手続きください。

【お願い】
・自習室内ではお静かにお願いします。
・食事はご遠慮ください。
・ゴミはお持ち帰りください。

自習室では、『すてっぷ』でのイベント案内チラシや各種リーフレットなどの配布、ジェンダー問題や生き方に関する本のご紹介などもしています。
すてっぷの講座・イベントについての詳細は  コチラ や、館内チラシなどをご覧ください。

 K.M

2017年2月2日木曜日

自習室Myすてっぷ
2月4日(土)、5日(日)開催します!




 すてっぷでは、就職活動や資格取得の勉強のために、空室の開放を行なっています。
自習室Myすてっぷは、「情報ライブラリーカード」をお持ちの方が使える無料の自習室です。
原則として、土日祝日の10時~17時のうち、空室がある場合のみの開催となります。
ロビーは2時間以内を目安にご利用いただいていますが、自習室は開催時間中であれば、自由にお使いいただけます。


【開催日時】 


2月4日(土)10:00~17:00
2月5日(日)10:00~17:00

 【ご利用方法】
・無料です。
・開催時間15分前より受付けます(終了時間の30分前まで受付)
・受付カウンターで「情報ライブラリーカード」をご提示のうえ、受付表にご記入ください。
・情報ライブラリーカードは、すてっぷ情報ライブラリー(図書室)にて無料で作ることができます。ご本人確認のできる書類(免許証・保険証など)をご持参のうえ、情報ライブラリー開室中にお手続きください。

【お願い】
・自習室内ではお静かにお願いします。
・食事はご遠慮ください。
・ゴミはお持ち帰りください。

自習室では、『すてっぷ』でのイベント案内チラシや各種リーフレットなどの配布、ジェンダー問題や生き方に関する本のご紹介などもしています。
すてっぷの講座・イベントについての詳細は  コチラ や、館内チラシなどをご覧ください。

K.M

2017年1月26日木曜日

自習室Myすてっぷ
1月28日(土)、29日(日)開催します!




 すてっぷでは、就職活動や資格取得の勉強のために、空室の開放を行なっています。
自習室Myすてっぷは、「情報ライブラリーカード」をお持ちの方が使える無料の自習室です。
原則として、土日祝日の10時~17時のうち、空室がある場合のみの開催となります。
ロビーは2時間以内を目安にご利用いただいていますが、自習室は開催時間中であれば、自由にお使いいただけます。


【開催日時】 


1月28日(土)10:00~17:00
1月29日(日)10:00~17:00

 【ご利用方法】
・無料です。
・開催時間15分前より受付けます(終了時間の30分前まで受付)
・受付カウンターで「情報ライブラリーカード」をご提示のうえ、受付表にご記入ください。
・情報ライブラリーカードは、すてっぷ情報ライブラリー(図書室)にて無料で作ることができます。ご本人確認のできる書類(免許証・保険証など)をご持参のうえ、情報ライブラリー開室中にお手続きください。

【お願い】
・自習室内ではお静かにお願いします。
・食事はご遠慮ください。
・ゴミはお持ち帰りください。

自習室では、『すてっぷ』でのイベント案内チラシや各種リーフレットなどの配布、ジェンダー問題や生き方に関する本のご紹介などもしています。
すてっぷの講座・イベントについての詳細は  コチラ や、館内チラシなどをご覧ください。

 K.M

2017年1月19日木曜日

子ども料理教室+ママヨガ講座を実施しました


働く女性のスキルアップ講座PART3

 ワクワク、ドキドキ!子どもクッキング!

子ども料理教室+ママヨガ講座

 


94日(日)に「子ども料理教室+ママヨガ講座」を実施しました。当日の参加者はママと子供たち12組、25人。働くママを対象としたシングルマザー世帯優先の講座です。豊中市教育委員会の後援により、豊中市内の全小学校14年生を対象にチラシを配布したところ95組もの応募がありました。多数の応募ありがとうございました。ご参加いただけませんでした皆様方、申し訳ございませんでした。

スケジュールは以下のように、子どもたちが料理をつくる間、ママたちはヨガでリラックス。
10301130 子ども 料理
10301130 ママ ヨガ
11301230 食事&交流
(子どもたちがつくった料理をママも一緒にみんなで食べました)
12301300  片づけ

メニューは「うどんのピカタ、ポテチサラダ、チョコバナナサンデー」です。子どもたちは野菜を洗って、ホットプレートで焼いて、果物を切って…と、一生懸命、料理に挑戦!気分が悪くなったお友達がいると、その子の分も「僕、やるよ!」と積極的にお手伝い。初対面でも仲良く力を合わせて共同作業をしました。




ママは、ヨガで心身ともにリラックス。たまには子どもたちと離れて一人でゆっくり~もいいものです。


料理が完成し、子どもたちとママが全員で「いただきまーす!」。料理の感想を語り合ったり、自己紹介したり、職員から子どもの様子を聞いたりと、楽しいお食事タイム。ママたちも連絡先を交換したり、つながりづくりができました。




一人親家庭の中高生の学習支援に取り組むNPO法人アットスクールのお兄さんたちもアシスタントとしてご参加いただき、その活動を紹介してもらいました。




共催企業である日本テトラパック株式会社より提供していただいたジュース、お茶のパックを切り開いてリサイクルし、地球環境を守ることの大切さも学びました。